医院ブログ BLOG

根管治療その3・神経の治療が終わった後に Blog

神経の治療が終わった歯は、土台(コア)を立てて歯を補強し、その上から全体を覆いかぶせる治療が一般的です。

虫歯で歯が大きく欠損しているうえに、また歯を削る必要がある為 「ちょっと詰めるだけじゃダメなの?」と思われるかもしれませんが、土台をいれて被せるのには理由があります。

理由1、神経を取った歯は物理的な強度が弱くなるため

歯の内部には神経とともに血管が流れていて、常に血管から栄養を供給されています。神経を取ると歯は血管からの栄養がうけられなくなり、割れたり、かけたりしやすくなってしまいます。生木と枯れ木のような違いがある為、土台で補強する必要があります。

理由2、細菌への抵抗力がなくなるため

神経を取った歯は、本来人の体がもつ細菌への抵抗力、免疫力がなくなります。また虫歯や根管治療で歯の中まで深く欠損しているため、細菌が侵入する隙間がたくさんあります。そのため、歯の全体を被せてしっかりと密封することで虫歯菌が再度侵入するのを防ぎます。

歯の土台(コア)はとても重要です!

コアは一度装着すると外すのが困難です。土台を入れた歯の再治療が必要になった時に、コアを外せても残った歯質が薄くなり、歯が割れてしまうこともあります。歯を長持ちさせるためにも土台の治療は「できる限りやり直しをしないで済ませることが必要です。歯の土台には主に2種類あります。

メタルコア
従来型のコア。金属で強度はありますが、硬すぎるため、くさび効果により歯が割れてしまう可能性があります。また天然歯は光を透過しますが、金属製のコアを装着することで光を遮断してしまうため、前歯などに用いると不自然な仕上がりになります。金属なので歯茎に色素沈着も起こします。

ファイバーコア
ファイバーコアはグラスファイバーの芯が入っています。歯と同じくらいの硬さでしなやかさがあり、衝撃を吸収するため歯にも優しい素材です。金属アレルギーでも安心ですし、差し歯にしても美しく自然な仕上がりが可能です。