医院ブログ BLOG

虫歯になった歯の神経は取らないといけない? Blog

「虫歯が大きく進行しているので、神経を取りましょう」

大きな虫歯を経験したことがある方なら、そう言われたことがあるかもしれません。ほんの数十年前までは、痛みがあったら即、抜髄(神経を抜く治療)と言われていた時代があり、積極的に神経を取ることで、痛みを和らげることが大切だと考えられていました。

しかし、小さいとはいえ歯は臓器、神経は人体にとって非常に重要な「痛み」というシグナルを伝える大切な組織です。簡単に取ってしまって良いはずがありません。人間の永久歯は、損なわれると2度と再生せず、神経を一度とってしまうと、根の病気を再発しやすいという側面から、近年ではなるべく神経を取らないように、という風に変化してきました。

それでも「神経を取る」理由

「神経を取る」治療のことを抜髄と言います。歯の中に入っている神経と血管の複合体である「歯髄」を抜去する、という意味です。歯髄は細かな神経と血管が絡み合っており、虫歯菌が一度感染してしまうと感染の進行を止められず、通常、全ての神経を取り除かなければなりません。

もちろん、どうしても神経を取らなければならない場面もあります。歯が何もしなくても痛む時、明らかに虫歯が大きく、神経が菌に感染している場合です。この場合、無理に神経を残そうとすると痛みが増強し、根の先に膿が溜まって顎の骨や皮膚を突き破って穴が空き(瘻孔)、そこから膿が出てきてしまう可能性があるのです。

しかしそうでないならば、治療を進める前に、一歩立ち止まって考えてみましょう。

その神経は本当に取らなければならないのでしょうか?

神経を残せる治療

虫歯が大きくても、神経を残せる可能性があります。それが、MTAセメントを用いた歯髄温存療法です。

(関連記事:MTAセメントで神経を残す。

歯髄温存療法は、虫歯が大きく神経の入っている空洞(歯髄腔)まで達しているものの、神経に炎症がみられない場合に適用となる治療法です。一般的には、虫歯が神経まで到達していたら、神経を取らなければ感染がどんどん広がってしまい、そのダメージによって激烈な痛みをもたらすことになってしまうため、痛み・炎症がなくても神経を全て取り除く必要があります。

また、虫歯が水分の多い歯髄腔に到達してしまうと、通常の詰め物は水分に弱いためしっかりと封鎖できず、水分によって脆くなった隙間から菌が侵入してしまう危険性があったため、全て取り除き、乾燥させてから詰めるしかない、という背景もありました。

しかし、生体親和性(人体との相性)が高く、消毒と神経と虫歯の間に歯髄を保護する層を形成する効果、血液のような水分があってもしっかりと固まるという性質を持つMTAセメントを用いることで、神経が露出(露髄)してしまった部分をしっかりと封鎖し、無菌化して歯髄を残すことができるのです。

歯髄温存療法の具体的な治療法

まずは虫歯の大きさや、根の先に膿の袋がないかどうかなどをレントゲンでしっかりと確認し、しっかりと麻酔をした後、拡大鏡(ルーペ)やマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)などを用いて慎重に虫歯を取り除きます。神経の部屋である歯髄腔に到達してしまった場合、唾液など菌を含む水分などが入らないように注意しながらMTAセメントでしっかりと封鎖し、仮詰めをします。

治療当日はMTAセメントの殺菌などの作用でどうしても痛みが出ますが、我慢できないほど激しくなければ大丈夫です。症状が落ち着いたら、再度レントゲン写真を撮影し、デンティンブリッジ(歯髄を守る保護層)ができていれば、治療は成功です。仮の詰め物を外し、しっかりとした詰め物や被せ物に置き換えていきます。

痛みがないのに神経を取ると言われたら

神経は一度取ってしまうと取り返しがつかず、2度と元に戻ることはありません。もちろん、MTAセメントによる歯髄温存療法が必ず成功するわけではありません。残念ながら抜髄をしなければならないケースもあります。

しかし、神経を取ってしまうと、痛みを感じなくなって虫歯になっても気付かない、根の治療は成功率が低いため根の病気を何度も繰り返す可能性がある、神経の代わりの詰め物が入ることによって歯が割れやすくなるなど、多くのデメリットがあります。

そのため、「本当に取る必要があるのか?」を見極める必要があります。

「患者様の痛みを取り除く」「今後痛みが出る可能性は先に取り除いておく」という観点から、積極的に抜髄を行う歯科医院もありますが、スカイ&ガーデンデンタルオフィスでは比較的新しい治療法であるMTAセメントを用いた歯髄温存療法を用いて、積極的に神経を残す治療を行っています。

できるだけ自分の歯を残したい、神経を取りたくない、という方は一度ご相談ください。

(関連記事:虫歯治療

医院ブログ