医院ブログ BLOG

原因不明の頭痛は虫歯治療で解決できるかもしれません Blog

歯科医 永田 さやか (ながた さやか)
スカイ&ガーデン デンタルオフィス 院長

頭痛の女性

ただ痛いだけでなく、やる気をなくしたり集中力を削ぐなど、日常生活にさまざまな悪影響を及ぼす頭痛。

その原因は数多くありますが、虫歯や噛み合わせなど、お口のトラブルが原因の1つとなっているかもしれないということは、あまり知られていないと思います。

今回は頭痛と虫歯の知られざる関係をご紹介していきます。

 

頭痛の原因は虫歯!?

お口と頭は比較的近い位置にありますが、関係がないと考える方も多いようです。

しかし、虫歯の進行具合や噛み合わせなどによっては、頭痛を引き起こす可能性があります。

頭痛の原因となるお口のトラブルの1つが重度の虫歯です。

歯の神経まで到達した虫歯は、何もしなくても痛い「自発痛」という症状が現れます。この炎症が強いと、頭痛を引き起こすことがあるのです。

 

虫歯を放置すると現れる頭痛

歯髄に到達した虫歯を放置すると、根の先に膿が溜まります。

特に上顎の奥歯の大きな虫歯を放置すると、この膿が上顎洞と呼ばれる頭蓋骨の中の空洞に炎症を起こして上顎洞炎という病気を誘発し、頭痛や頭重感、匂いがわからないなどの症状を程することがあるのです。

上顎洞炎は、悪化したり長期化すると薬などだけでは完治させることが難しくなり、ケースによっては手術が必要となることもあります。

 

虫歯菌による重大な疾患

根の先で増殖した細菌が血管の中に入ってしまうと、さらに重大な疾患を引き起こす可能性があります。

脳静脈血栓症や脳炎です。

脳静脈血栓症は血管に入り込んだ虫歯菌が脳静脈に血栓を作ってしまう病気で、鋭い痛みを伴う頭痛だけでなく、最悪の場合死に至る可能性もあります。

脳炎は、細菌などによる炎症が脳で起こってしまう疾患で、頭痛や首の痛み、発熱や嘔吐などの症状があります。

若い女性に発症するリスクが高いと言われており、症状が進行すると、痙攣や意識の混濁などが生じ、命の危険を伴うこともあります。

このような場合には、歯科医院だけでなく、専門の医療機関への受診が必要となります。

 

虫歯による噛み合わせの変化

虫歯によって歯の一部が欠けたり、痛む歯を庇って食事を続けると、噛み合わせが悪くなり、頭痛や肩こりなどの症状が現れることがあります。

痛む歯を庇って食事をしようとすると、他の歯に過剰な負担がかかったり、顎の位置が少しずつズレてしまったりします。

それが続くと、お口を動かす筋肉や、それに関連する肩や首の筋肉などにも負担がかかってしまい、緊張型頭痛を引き起こすこともあるのです。

緊張型頭痛は頭が締め付けられるような痛みが特徴で、頭が重い、めまいのような辛い症状が続くなど身体だけでなく心への負担も大きいと言われています。

さらに、噛み合わせが悪いと顎関節症を引き起こす可能性が高くなります。

顎関節症は、顎の骨と頭蓋骨の間にある関節に異常をきたす疾患で、これを要因として頭痛が発生することもあります。

 

早めの治療でリスクを軽減

虫歯は自然に治ることはないため、虫歯が原因で頭痛が生じている場合、自然に治癒する可能性はありません

また、進行すると歯を失う原因になることもあり、全身にも悪影響を及ぼす可能性があります。

しかし、適切な治療を受ければ、虫歯だけでなく、頭痛も改善することができるかもしれないのです。

虫歯の影響が疑われる場合や、原因がわからない場合は、ぜひ1度歯科医院を受診してみてください。

定期的に検診を受けていれば、虫歯が進行する前に初期の段階で発見し、対処することが可能です。

スカイ&ガーデンデンタルオフィスでは、経験豊富な歯科医師がお口と全身の健康に関するアドバイスを行っています。

頭痛などの不調がある場合も、ぜひご相談ください。

インビザライン日記 インプラント日記 医院ブログ