医院ブログ BLOG

医院ブログ一覧 Blog

親知らずの抜歯は大病院の口腔外科じゃないと無理?

成人の方の多くが悩まれる親知らずの問題 親知らずが顎の骨の奥深くに潜っていたり、真横に生えているなどの理由で「抜歯を希望するなら大きな病院や大学病院で」と言われたことはありませんか? 「大きな病院は待ち時間も長いし、平日しかやってないからとても不便」 そんなふうに思っていらっしゃる方もいるかもしれません。なぜ、一般の歯科医院ではできない抜歯があるの …

詳しく見る

目立たないマウスピース矯正「インビザライン」の歯が動く仕組みとは?

こんな疑問を感じたことはありませんか? 目立ちにくく、違和感が少ないため、接客業や人前に立つ仕事をされる方にも人気の治療法、インビザライン。マウスピースを装着するだけで、歯並びが綺麗になるなんて、不思議だと思ったことはありませんか?   矯正治療の流れについて インビザライン治療では、最初の歯並びを高精度の光学スキャナー「iTero」によっ …

詳しく見る

虫歯は治療しないと治らない?進行度別の症状と治療の流れ

虫歯は自然には治りません 正確には、本当に虫歯になりたての段階であればケア次第で治ることもありますが、少なくとも痛みを感じるほどの虫歯まで進行した場合は治療しない限り治りません。 風邪を引いた場合、ほんの軽い風邪なら病院で治療しなくても自然治癒力で回復します。しかし虫歯は治療しない限り治らないのです。   虫歯を治療しないとどうなる …

詳しく見る

秋のホワイトニングキャンペーン!9/23(水)~11/3(月)

  武蔵浦和の歯医者 スカイ&ガーデン デンタルオフィスでは 9/23(水) ~ 11/30(月) まで秋のホワイトニングキャンペーンを実施しております。 キャンペーン期間中、「オフィスホワイトニング」が¥22,000(通常 \33,000)になります。 さらに連続使用で効果的な白さを実感できる「ホームホワイトニング」も …

詳しく見る

当院は高精度口腔内スキャナー「iTero (アイテロ) Element」導入医院です。

  「Hello,I’m iTero Element and I add anew dimension to dental care.」 矯正治療をスタートする際に、現在の歯列を歯型として採得する必要があります。インビザラインでは、歯型の精度がそのまま製作されるマウスピースの適合度に反映されるため、より歯にフィットし効果的に歯を動か …

詳しく見る

保険診療で行う睡眠時無呼吸症候群のマウスピース療法について

■睡眠時無呼吸症候群という病をご存知ですか? 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。2012年の関越自動車道でのバス衝突事故など、SASが関与したとされる交通事故、鉄道事故が相次いだため社会に広く知られるようになりました。 医学的には10秒以上気道の空気の流れが止まった状 …

詳しく見る

昨今話題の味覚障害。原因はウイルス感染ではなく亜鉛不足かもしれません。

  新型コロナウイルス感染症に感染すると嗅覚(におい)や味覚(あじ)が低下することが分かり、新聞やニュースで報道され話題になりました。しかし、味覚の障害はインフルエンザや一般の「かぜ」でも生じることがあり、必ずしも新型コロナウイルス感染症だけが原因ではありません。 味覚障害には以下のような症状があります。 味覚障害の症状 ・味覚 …

詳しく見る

歯ぎしりは寝ている時のみならず。不必要にくいしばっていませんか?

前回のブログでは睡眠時ブラキシズムについてお話ししました。 今回は目覚めている時に起こる歯ぎしり、「覚醒時ブラキシズム」についてです。 何か集中して作業をしている時、無意識に歯をくいしばっているという人、結構いらっしゃるのではないでしょうか。睡眠時ブラキシズムが「睡眠関連運動異常症」と分類されるのに対して、覚醒時ブラキシズムは様々な条件に伴って獲 …

詳しく見る

睡眠中の悪い歯ぎしり。あなた自身の歯を壊してしまうかもしれません。

ブラキシズムという言葉をご存知ですか? ブラキシズム(Bruxism)とは歯ぎしりの事で、歯科で使われる専門用語の一つです。 通常食事中や会話中、ものを飲み込む時などに上下の歯は接触するのですが、それ以外の接触する必要性がない時、つまり「機能していない時に上下の歯が接触を生じている状態」をブラキシズムといいます。 ブラキシズムには大きく分けて、 …

詳しく見る

こどもの舌小帯。基礎知識と家庭での対処法、手術について。

    Q1、舌小帯異常とはどういう病気ですか? A1、舌小帯とは舌の下にある膜状のひだのことを指します。舌小帯が短く、舌の先端側に付着して、上手く舌を動かせない状態を舌小帯異常(舌小帯短縮症)といいます。 見た目の状態として ①舌突出時に舌戦が小帯に引っ張られハート状にくぼむ ②開校した状態で舌尖部が上方に上 …

詳しく見る

1 / 8 ページ238