医院ブログ BLOG

新型コロナウイルス対策による医院内の標準予防策について Blog

1、当院では、医療用ゴム手袋、マスク、フェースガード、ゴーグル、白衣などの個人防護具を着用し、スタッフ一丸となって感染防御に当たっております。

・歯科医師、歯科衛生士、歯科助手は全員マスク、ゴム手袋を付け、患者様毎にゴム手袋を交換しております。これはHIV、肝炎などさらに危険な病原体に対しても十分な防疫を行えるものです。

・治療器具は滅菌パックに入れられており、エプロン、コップなどは多くをディスポーザルの用具にしています。患者様毎に治療用ドリルを交換し、使用後は速やかに滅菌を行っております。当院の滅菌機はクラスBという非常に高度な性能を持ったものです。これは高圧、高温で滅菌処理を行う前に、機器内部を真空にし、器材の細部までもれなく滅菌する機能を持っています。

・当院は医療用の強力な空気清浄機を診療フロアに配置しております。このため、院内は無臭状態になっており、花粉・ウイルス除去の機能を持っています。また、フィルターを清掃し、性能は常に維持されています。

・受付、トイレなど各所にポンプ式のアルコール消毒剤の容器を備えています。

2、 下記の症状がある方は来院なさらず、電話で予約のキャンセルをいただきますようお願いいたします。

・初期症状では一般の風邪やインフルエンザの症状との区別は困難ですが、もし当院でのスタッフおよび患者さんとの濃厚接触が起きた場合、一定期間休診をする必要があり、当院に受診いただいている多くの患者さんの治療に影響が及ぶためです。
●微熱を含め、発熱症状がある場合。
●咳などの風邪症状がある場合。
●だるいなどの症状がある場合。
●インフルエンザや同様の症状があるご家族がいる場合。
●コロナウイルス感染者との接触が明らかな場合。

・ご不明の点がある場合はお電話で遠慮なくご相談ください。社会的な病気のまん延予防の一環として、また患者さんの治療の遅れを防ぐという目的でも、当院では患者様一人一人にご協力をお願い申し上げます。

3.処置前のうがいについて

・多くのウイルスを不活化(死滅)させるため、患者様へ治療前にイソジンなどの消毒液での含嗽(うがい)をお願いしております。

4.診療室の頻繁な消毒の徹底

・1時間に1度、診療ゾーンはもちろんのこと、入口ドア、受付回り、トイレ、キッズルームを含む待合ゾーンのアルコール消毒を徹底しております。院内の一層の衛生状態の向上に勤めております。
・ウイルスには次亜塩素酸ナトリウム、イソプロパノールや消毒用エタノール等が有効です。*次亜塩素酸ナトリウム 次亜塩素酸ナトリウムは、原液を希釈し、0.02~0.1w/v%(200~1,000ppm)の溶液を用いております。