医院ブログ BLOG

虫歯を放置することにより発生するリスクとは? Blog

歯の痛みは時に耐え難く、日常生活に支障をきたすほどです。

しかし、「歯医者さんは怖いし、できれば行きたくないな…」という方も多くいらっしゃると思います。

確かに、虫歯のような痛みがあっても、しばらく安静にしていれば治る場合もあります。

しかし、虫歯であった場合は風邪などと違い、自然に治るということはありません

歯の組織は皮膚などと違い、最初期の虫歯を除いて再生しないので、一度なってしまうと進行するばかりで回復することはないのです。

そして進行した虫歯は歯を失う原因になったり、場合によっては命に関わることもあります。

 

虫歯で痛い?それとも別の原因がある?

歯が痛くなる原因は虫歯以外にもいくつかあります。

噛み合わせが原因となる咬合性外傷や歯軋り、食いしばり、知覚過敏などによっても、虫歯と同じような痛みを感じます。

しかし、その原因がどれであるかの判断は、歯科医師にしかできません

そのため、歯の痛みを感じたら、歯科医院を受診する必要があるのです。

 

虫歯を放置するとどうなる?

虫歯は最初から痛みを感じるわけではありません。

虫歯菌が神経末端を有する象牙質と呼ばれる歯の中層に達すると、冷たいものがしみたり、痛みを感じるようになります。

この段階であれば、治療も簡単に済み、歯の寿命を縮める心配も少なくなりますが、象牙捨齲蝕は進行が早いため、この状態で放置すると、虫歯はどんどん進行し、神経に到達して激しい痛みを感じるようになってしまうのです。

何もしなくてもズキズキとした痛みが続き、特に夜間ひどくなる傾向があります。

痛み止めを飲んでも効かないこともあり、どんなに疲れていても眠れないほどの激痛になることも。

これは、神経が全て死んでしまって痛みを感じなくなるか、治療して残った神経を全て取り除くまで続きます。

 

神経に虫歯菌が感染して起きること

神経と血管の複合体である、歯髄に虫歯菌が感染すると、根の治療が必要になります。

初期の虫歯や象牙質齲蝕とは違って、放置された虫歯は治療にも回数・時間がかかり、細かい治療となるため成功率も低下します。

根の中に虫歯菌がわずかに残り、根の先に膿の袋を作ったり、噛むと痛いといった症状が現れることもあるため、神経を取る治療にならないよう虫歯は放置せず、異常があればすぐ歯科医院に相談することが大切です。

ごく稀に痛み止めを飲んでこの期間を乗り切り、「虫歯が治った」と考える方もいらっしゃいますが、それは痛みを感じる神経が全て死滅してしまい、痛みを感じることができなくなっただけで、決して虫歯が治ったわけではありません

そしてそのような場合、歯の中で虫歯菌がどんどん増殖し、歯は原型を止めないほどに破壊されて、抜歯せざるを得なくなってしまいます。

 

神経を失った歯の末路

歯が神経を失ってしまうと、治療したとしても、歯の組織への栄養が途切れ、歯自体が脆くなってしまいます。

歯を失う原因の1位は歯周病ですが、虫歯と歯の破折を合わせた割合では歯周病を上回ります。

そして、歯の破折が起こるのは、ほとんどの場合、神経を取る治療を行った歯です。

虫歯を痛くなるまで放置することは、虫歯で歯を失う可能性を高めるだけでなく、歯の破折によって歯を失うリスクも増長させてしまうと言えるでしょう。

 

虫歯の放置は命にも関わる!?

虫歯を所詮お口の中だけの病気と侮ってはいけません。

虫歯が放置されると、虫歯菌が根の先に膿の袋を作ります。

特に下の奥歯に大きな虫歯がある場合、膿が大量に作られると喉の方に落ち込んで気道を塞ぎ、窒息してしまう危険性があります。

また、虫歯菌が大量に増殖して血管から侵入すると、菌血症と呼ばれる状態になります。

本来無菌であるはずの血管内に細菌という異物が入り込むことで、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めたり、重症化して敗血症という命に関わる状態になってしまう可能性があるのです。

実際、現在でも虫歯が原因で亡くなる方がいらっしゃいます。

 

ぜひ定期検診へ

虫歯を放置することがどんなに危険かお分かりいただけたでしょうか?

歯を失ったり、命を危険に晒す可能性があるため、異常を感じたら早めに歯科医院を受診することが大切です。

しかし、もっと良いのは、そもそも虫歯にならないことです。

虫歯にならなければ、耐え難い痛みに苦しむことも、怖い思いをして治療に臨む必要もありません。

そのために大切なのが、定期検診です。

虫歯になりたくない、虫歯の治療を痛みなく受けたい、不安なく治療を進めて欲しいという方は、ぜひスカイ&ガーデンデンタルオフィスへご相談ください。

医院ブログ