医院ブログ BLOG

初期虫歯の症状と対処法|削らずに治すことはできるのか? Blog

歯科医 永田 さやか (ながた さやか)
スカイ&ガーデン デンタルオフィス 院長

削らない虫歯治療

虫歯は基本的になってしまうと自然に治ることはなく、削って人工物を詰める以外の治療法はありません。

しかし、ごく初期の虫歯であれば、削らずに元の状態に戻すことができるかもしれないのです。

初期虫歯とは?

初期虫歯は要観察歯とも呼ばれています。専門的にはCO(シーオー)と呼ばれ、歯の表面にあるエナメル質からカルシウムなどのミネラルが溶け出した、脱灰という状態です。

エナメル質は歯の表面にある硬い組織で、90%以上がリン酸カルシウムという物質でできています。

歯は人体の中で最も硬い組織ではありますが、その反面、脆く酸に溶けやすいという弱点があるのです。

食事をすると、食べ物や飲み物によってお口の中が酸性になったり、食べカスが歯に残って虫歯菌がそれを栄養に酸を作り出したりして、歯からリン酸カルシウムなどのミネラルが失われてしまいます。

通常は唾液の緩衝作用というお口の中を中性に戻す働きによってミネラルの流出は短時間で止まり、唾液を介してミネラルがエナメル質に再度取り込まれる再石灰化によって、歯は健康な状態を維持することが可能です。

しかし、唾液の作用が弱かったり、磨き残しが多いと歯のミネラルが十分に取り込まれず、白濁したり、色がついてしまいます。

これが初期虫歯の成り立ちです。この状態が長く続くと、歯が欠けてしまう虫歯へと進行してしまいます。

初期虫歯の症状

初期虫歯に痛みやしみるなどの症状はありません。

見た目の変化だけが初期虫歯かどうかの判断基準なのです。

歯の一部が白いチョークのような色になっていたり、薄い茶色に変化している部分があれば、初期虫歯を疑います。

症状がないため、前歯であれば鏡を見て気づく方もいらっしゃいますが、ほとんどは歯科医院での定期検診や歯科検診で発見されるのです。

初期虫歯の治療法① ブラッシング指導

初期虫歯の大きな原因の1つは、歯磨きがきちんとできていないことだと考えられます。

とはいえ、その責任の全てが患者様ご自身にあるわけではありません。

正しい歯磨きの仕方や、適切な補助器具(フロスや歯間ブラシなど)の使い方は、どこかで学ばなければ身につきません。

多くの方が歯科医院で適切なブラッシングを指導されておらず、知らず知らずのうちに、我流の歯磨き方法になってしまい、一部に磨き残しが蓄積してしまうのです。

当院では、歯磨きのプロである歯科衛生士が患者様お一人お一人のお口に合わせたブラッシング指導を行い、症状の進行を防ぐと共に、新しい虫歯や歯周病が発生しないようお手伝いいたします。

初期虫歯の治療法② フッ素塗布

フッ素は歯の表面に塗ることで歯の表面を強化し、脱灰を防ぐだけでなく、再石灰化を促す効果のある物質です。

フッ素は塗布するとエナメル質の主な構成物質であるハイドロキシアパタイトに取り込まれて、フルオロアパタイトを作ります。

フルオロアパタイトはハイドロキシアパタイトよりも酸に溶けにくいので、新たな虫歯ができるのを防ぐことができます。

また、フッ素の再石灰化を促進する効果によって、初期虫歯が進行するのを防ぎ、ミネラルが再度取り込まれて元の状態に戻るのを促すことができるのです。

虫歯がない状態で、予防のためにフッ素を塗る処置は保険適用外となってしまうのですが、初期虫歯に対する処置としてフッ素を塗ることは、保険診療として認められています。

特定の条件を満たしていれば、保険を使ってフッ素塗布の処置を受けることができるのです。

初期虫歯の治療法③ シーラント

シーラントは生えたばかりの奥歯の噛む面にある細かい溝をあらかじめ充填し、虫歯になるのを防ぐ処置です。

乳歯の奥歯の溝は複雑で細かく、生えたばかりの永久歯の奥歯の溝は深いため、磨き残しが多くなりやすく、非常に虫歯になりやすいと言われています。

その部分に専用の詰め物をすることで、汚れが入り込むのを防ぐことができるのです。

また、この詰め物にはフッ素徐放性と呼ばれるフッ素を徐々に放出する作用があるため、より効果的に虫歯を防ぐことができます。

シーラントは乳歯または生えたばかりの幼若永久歯であれば保険診療の対象となります。

初期虫歯の治療法④ PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家による専用の器具を使用した歯のクリーニングのことで、機械的歯面清掃とも言われます。

歯の表面には、目に見えない細菌の膜、バイオフィルムが付着しています。

バイオフィルム内には大量の細菌がいますが、薬品などが浸透しないため、物理的に破壊する他ありません。

通常の歯ブラシでは破壊することができないのですが、専用の器具を用いることで、歯の表面から取り除くことができます。

PMTCを行うことで、歯の表面を清潔に保ち、初期虫歯の進行を防いで再石灰化を促すことができます。

定期検診で虫歯治療を減らしましょう

エナメル質に限局した脱灰であれば、削らずに歯を元に戻すことが可能です。

しかし、放置して虫歯が進行してしまうと、削って詰める治療が必要になってしまいます。

症状のない初期虫歯はご自身で気づくことが困難であるため、自然治癒が望めるうちに歯の異常を発見し、虫歯にならないようにするには、定期検診がとても大切です。

健康なお口を保つためにも、ぜひ定期的な受診をご検討ください。

スカイ&ガーデンデンタルオフィスでは、知識豊富な専門家が、あなたにぴったりのお口の健康を維持する予防法を提供いたします。

(関連記事:歯周病治療

インビザライン日記 インプラント日記 医院ブログ 症例集