医院ブログ BLOG

お口の乾きでお悩みの方へ。 Blog

日が長くなり医院前の庭園で遊ぶ子供たちの声が賑やかな夕暮れを迎えています。スカイ&ガーデン デンタルオフィスの永田です。

先月から口腔乾燥症(ドライマウス)を訴えて来院される患者さんが続いています。

ドライマウスとは唾液の分泌が低下して口が乾いた状態のことをさすのですが、
乾燥により口の中のネバネバ感やヒリヒリ感、口臭、舌表面のひび割れや痛み、しゃべりにくさなどがおこります。
原因として加齢やストレス、薬の副作用や糖尿病、シェーグレン症候群 (唾液腺、涙腺などの外分泌腺が萎縮し、口と目が乾燥する自己免疫疾患)、口呼吸などが挙げられます。

数年続く口の渇きに「自分はシェーグレン症候群ではないか?」とだ液検査(ガムテスト)を受けるため来院された方がいます。検査結果は陽性で、明らかな口腔乾燥も認められました。
不容易に異常所見をお話しして、不安感を煽ることは得策ではないのですが、それを知っていただくことで患者さんの積極的な協力が得られ快方に向かう場合もあります。症状を最小限に抑える手だてはあり、患者さんのクオリティ・オブ・ライフを向上させることは可能です。

口腔乾燥自体の治療は生活指導や対症療法が中心となります。唾液の分泌を促進させる唾液腺マッサージも効果的ですし、症状を緩和させる様々な種類の保湿ケア製品がありますので使い分けについてもご相談ください。