医院ブログ BLOG

フッ素は歯を強くする。 Blog

フッ素は私たちに身近な自然界にある元素のひとつで、特に魚介類やお茶に多く含まれていると言われています。

知らず知らずのうちに摂取しているフッ素ですが、丈夫な歯や骨を作るためには欠かせない働きをしています。

フッ素の丈夫な歯や骨を作るためには欠かせない働き

●再石灰化の促進

エナメル質を構成するヒドロキシアパタイトは酸に弱く、酸性になると溶けだします(脱灰)。その後だ液によって酸が洗い流され、脱灰した部分にミネラルが戻ることを再石灰化といいます。フッ素がなくても再石灰化は可能ですが、フッ素があると再石灰化のスピードが非常に早くなります。

●歯質強化

歯を構成するヒドロキシアパタイトにフッ素が取り込まれると、フルオロアパタイトが形成されます。

フルオロアパタイトはヒドロキシアパタイトよりも酸に溶かされにくい性質を持っていますので、より虫歯になりにくくなります。

●細菌の酸産生能の抑制

虫歯菌の酵素のはたらきを抑制して、歯を溶かす酸を作らないようにする働きがあります。

ご家庭での低濃度のフッ素と歯科医院での高濃度フッ素を併用することにより、予防効果がより高くなります。

フッ素に対してご興味のある方はご相談ください。

(関連記事:虫歯治療

医院ブログ