医院ブログ BLOG

自宅で手軽にできるホームホワイトニングの効果と白さが続く秘密とは? Blog

自宅で気軽に行うことができるホワイトニングのことをホームホワイトニングと言います。

好きな時間にホワイトニング剤を入れたマウスピースをつけるだけの簡単な方法で、歯を削ったり痛めることなく白くすることができるため、人気の方法です。

少しずつ白くなっていくので、「極端に白くなるのはちょっと…」という方も安心してご利用いただけます。

ホームホワイトニングなら歯科医院に行かなくてもできる?

ホームホワイトニングはお家でできるホワイトニングで、口コミなどを見ると自宅だけで完結するように思っている方もいらっしゃるかもしれません。確かに市販のものでは、歯科医院に行かず、自宅だけで行うことのできるものもあります。

しかし、そのようなホワイトニングは、マウスピースがオーダーメイドでないために薬液が漏れて歯肉が荒れて痛みが出てしまったり、歯肉に触れても炎症が起こらないようにホワイトニング剤の薬品の濃度が低く設定してあるために効果が出にくくなっているのです。

それに対して歯科医院が提供するホワイトニングは、オーダーメイドのマウスピースを作り、歯科医院専用の薬剤を使用することで、高い効果を安心して感じていただくことができます。

歯磨きだけじゃ効果はない?ホワイトニング効果のある歯磨き粉との違い

最近、ホワイトニング効果のある歯磨き粉が続々と発売され、気になっているという方も多いと思います。

しかし、ホワイトニング効果、と謳いながら、実際は研磨剤によって歯の表面にこびりついた汚れを取り除いている、という歯磨き粉も多いのが現状です。

「それでも、歯が白くなるならいいのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、研磨剤の中には、粒子が大きかったり、硬すぎるものなどが含まれている可能性があります。そういった研磨剤は、汚れを取り去るだけでなく、歯に細かい傷を作ってしまい、そこに着色汚れがつきやすくなってしまうという悪循環に陥る可能性があるのです。

そういった点においても、歯科医院で行うホワイトニングや、歯科医院が提供するホームホワイトニングは優れているといっていいでしょう。

歯医者のホワイトニングのメリットは?

歯科医院でホワイトニングを行う場合、さまざまなメリットがあります。

まず、薬剤の効果の高さです。市販のホワイトニング用の歯磨き粉や、ホワイトニング剤は、安全性を保つために濃度が薄く、十分な効果が出ない場合があります。「思ったより白くならない」「満足いく結果が得られなかった」という方も多いのではないでしょうか?

特に歯磨き粉は化粧品薬機法上、「化粧品」に分類され、医薬品とは認められていないものが多く、ガイドラインによる縛りがないため、誇大に広告されている可能性があります。

また、効果の高い薬剤は薬機法により販売が制限されているため、市販できないという側面があります。市販できない薬剤というのは、裏を返せば使用法を誤ると、人体に害を及ぼす可能性があるということです。間違った使い方で、ホワイトニングに失敗すると、歯の色ムラが出たり、歯肉に炎症を起こしたり、虫歯に気付かず行ってしまって痛みが増強するなどの危険性があります。

それに引き換え、歯科医院では、ホワイトニング前に必ず虫歯や歯周病のチェックを行うため、痛みや炎症が起きるリスクを減少させることができます。

また、濃度の高い薬剤を均一に歯の表面に吸着させるため、オーダーメイドのマウスピースを作ることで、歯に色ムラが出るのを防ぐことができます。

歯医者ではどんな方法でホワイトニングを行うの?

歯科医院にご来院いただいて行う方法には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがありますが、白い歯を長く保ちたいのであれば、ホームホワイトニングか、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを両方行うデュアルホワイトニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯科衛生士などがつきっきりで行う方法で、効果と安全性は高いのですが、長時間歯科医院に滞在せねばならず、手軽に行うにはハードルが高いかもしれません。

(関連記事:その日のうちに白くなる!オフィスホワイトニング。

ホームホワイトニングは初回に口腔内のチェックとマウスピースを作るための型取りを行い、2回目のご来院でマウスピースとホワイトニング剤を受け取っていただき、説明を受ければ、いつでもご自身のお好きなタイミングではじめることができます。

また、歯並びが大きく変わらない限り、マウスピースをお使いいただけるため、長期間にわたって白い歯を保つことができます。

歯医者に行けば、本当に歯が白くなる?

歯科医院でホワイトニングを行うメリットは、ホワイトニングの効果だけにとどまりません。

例えば、歯が黄ばむ原因。もし、歯の色が加齢や歯そのものの問題で変わっているならば、研磨剤入りの歯磨き粉をいくら利用しても歯が白くなることはありません。普通は歯が黄色くなっている原因が、着色なのか、歯そのものの色なのかを自分で判断することは難しいでしょう。

しかし、歯科医師や歯科衛生士は毎日お口を診ているプロフェッショナルです。何が原因で、歯の色が変化しているのかを正しく診断し、解決法をご提案することが可能です。

いろいろな方法を試したけど歯が白くならなかった、という方こそ、ぜひ武蔵浦和の歯科医院 スカイ&ガーデンデンタルオフィスへご相談ください。お悩みを承りながら、適切な治療方法をご案内いたします。

(関連記事:ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)

医院ブログ