医院ブログ BLOG

医院ブログ一覧 Blog

虫歯になった歯の神経は取らないといけない?

「虫歯が大きく進行しているので、神経を取りましょう」 大きな虫歯を経験したことがある方なら、そう言われたことがあるかもしれません。ほんの数十年前までは、痛みがあったら即、抜髄(神経を抜く治療)と言われていた時代があり、積極的に神経を取ることで、痛みを和らげることが大切だと考えられていました。 しかし、小さいとはいえ歯は臓器、神経は人体にとって非常に重 …

詳しく見る

神経を抜いた歯に再び痛みを感じる理由とは?

根管治療

歯科医院で神経を抜く治療、根管治療を受けて治療は終わっているはずなのに、痛むという経験はありませんか? 「痛いから治療をしたのに、まだ痛むなんて!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。今回は神経を抜いた歯がなぜ痛むのか、原因と対処法について解説していきます。 神経を抜くってどういうこと? 「神経を抜いた歯」はどういう状態なのでしょうか?人 …

詳しく見る

根管治療その3・神経の治療が終わった後に

神経の治療が終わった歯は、土台(コア)を立てて歯を補強し、その上から全体を覆いかぶせる治療が一般的です。 (関連記事: 根管治療その1・神経をとる治療(抜髄)) 虫歯で歯が大きく欠損しているうえに、また歯を削る必要がある為 「ちょっと詰めるだけじゃダメなの?」と思われるかもしれませんが、土台をいれて被せるのには理由があります。 理由1、神経 …

詳しく見る

根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)とは?初期症状や治療方法について

神経を取った歯のはずなのに「最近咬むと痛い」「時々強い痛みを感じる」「歯茎からプチっと膿が出る」 …そんなことはありませんか? 上記のような症状が出ていたら、その歯は「根尖性歯周炎」を起こしているかもしれません。 根尖性歯周炎とは 根尖性歯周炎とは、細菌感染などが原因で根の先(根尖)の歯周組織や骨の中まで炎症が進行した状態です。レントゲン …

詳しく見る

根管治療その1・神経をとる治療(抜髄)

歯の中には「歯髄」という神経や血管を含む組織があります。虫歯の細菌が歯髄にまで達してしまうと歯髄を取り除く治療(抜髄:ばつずい)が必要になります。感染した歯髄は「歯髄炎」という炎症を起こすため取り除かなくてはならないのです。 *虫歯以外でも重度の知覚過敏や歯にヒビが入ってしまった場合に神経を取ることがあります。 歯髄があった空洞を無菌化し、再度感染しない …

詳しく見る

MTAセメントで神経を残す。

大きな虫歯で、歯の内部にある神経にまで細菌感染が及ぶと神経を取り除く処置が必要になります。神経を取った歯でも咬む感覚は残りますから、修復すれば今まで通りに咬むことができます。 けれども歯の神経の有無はその歯の寿命を大きく左右します。神経を取ることにより栄養されなくなった歯は折れやすく、割れやすくなります。 折れたり割れたりした歯は残念ながら抜歯になる …

詳しく見る